AI_STANDARD

導入事例

ニーズをいち早く汲み取りAIを新たなビジネスチャンスにつなげる

半導体商社としてLSI販売をメインに、最近では、SoCからFPGA、IPビジネスへと事業領域を拡大しているUKCホールディングス(現株式会社レスターホールディングス*1)様。
AI_STANDARDを導入して頂いたことで、取り扱っているAI商材の顧客サービスが充実し、顧客からの信頼度アップに繋がりました。

お客様への提案力を高めるためにAI技術を一から学ぶ

お客様へさまざまな商材をご提案するなか、AI商材へのニーズが日に日に高まっているのを肌で感じていたと、技術担当特別顧問の清水目 和年様は語ります。

「私たちの本来の業務は、お客様に商材を提供するところまでですが、AI製品に関しては知見があるお客様が非常に少ないため、どうしてもサポートが必要になります。しかし、AIに関して知見のある人材は圧倒的に少なく、AIベンダーだけではとても手が回らない。せっかく興味を持って下さったお客様に対して、十分な対応ができないのが悩みでした」

AI商材へのニーズが高まる一方で、AI人材の不足という課題に直面したUKCホールディングス様は、自分たちの手で可能な限りのサポートをして差し上げたいという結論に達しました。これがAI_STANDARDの導入を検討したきっかけとなりました。
それまでもAIに関する知識を得ようと専門書やネットを使って独学をしていました。ただ、そのようなやり方ではどうしても技術体系を全体的に掴みにくいのが難点でした。個々の技術を断片的には理解できても、技術相互の関係性がなかなか理解できず困っていたと、グローバル・デバイス事業本部FAEリーダーの松濤 裕二様は当時を振り返ります。

「あちこち調べているうちに、何を知りたかったのか分らなくなってしまうこともよくありました。木を見て森を見ず、という状態でしたね。時間がかかる割には理解が深められないというジレンマを感じていました」

AIに関する知識をただ習得するだけでなく、それらの知識を業務で生かすためには、AIの全体像を知る必要がありました。その重要性について、清水目様は次のように考えています。

「全体の仕組みを見てはじめて、この数式はこう使うと理解できるんです。AIを使える技術として習得するには、遠くからいろいろな角度で眺めることが大切だと思います。」

日々の気づきや学びをすべて書き込んで繰り返し勉強

外部研修の導入にあたっては類似サービスの比較検討を行ったUKCホールディングス様ですが、最終的にAI_STANDARDを選択した理由について清水目様に伺いました。

「AIについて理論的に体系立ててきちんと学べると思ったことと、小回りよく柔軟に対応してくれそうだと思ったからです」

すでに【AIエンジニア育成講座】を3名(技術職2名、営業職1名)が受講され、さらに今後は【AIリテラシー習得講座】に6名(技術職3名、営業職3名)が参加する予定です。技術職のエンジニアだけでなく営業職も受講している理由について、松濤様はこう説明します。

「日本のお客様は、“これこれこうだから、こういう結果になる”ということを理論立ててきっちりご説明しないと、納得してご購入いただけません。そのため、営業職でも一定のAI知識が求められるのです」

清水目様は【AIエンジニア育成講座】をすでに3巡されたとのこと。テキストを全てプリントアウトして勉強しており、分厚いファイルを見せてくださいました。

「実は、もう1冊あるんですよ。勉強した跡がよくわかるでしょう?自分なりの気づきや学びをメモして、後で見直せるようにしています。テキストをやり直す度にいつも新しい発見があるので、“もう1回やってみようかな”という気になります」

びっしり書き込みのある宝物のようなファイルを楽しそうに眺めながら、清水目様はこうも語ります。

「テキストには複雑な計算式もきちんと書いてあるので、都度ヒントをもらいながらスムーズに進めることができました。何回も行きつ戻りつしながら勉強しているうちに、“あ、そういうことか!”と霧が晴れたようにパッとわかるようになるんです。その瞬間が気持ち良いですね」

AIに先進的に取り組むことで顧客の信頼度もアップ

エンジニアとはいえ、AIに関してはゼロからのスタートだったお二人。まったく新しい技術を学ぼうと決意した理由について伺いました。

「基本的に先端技術の開発は、独学ですよ。「こういうものが作れないかな」というニーズがまずあって、何もないところからあれこれ試行錯誤する。それが、大変さでもあり、面白さでもあります」
「日本の産業は、これまでも企業主導で立ち上げてきました。AIの分野でも、企業が牽引力となって引っ張っていけたらいいですね」

【AIエンジニア育成講座】を受講後は、AIの重要技術を基本からしっかり理解したことでお客様への説明も円滑にできるようになりました。お客様からの反応も上々で、「よく勉強していますね」と声をかけられることが増え、講座で学んだことが業務に活かせていると実感できました。講座受講後のお客様からの反応について、清水目様はこう語ります。

「“AIに対してきちんとした取り組みをしている会社だ”という信頼感を持っていただけているようです。いざというときには、この会社に相談しようと思っていただければ嬉しいですね」

活用度の高いAIを新たなビジネスチャンスの原動力に

AIはかつてのマイクロコンピュータのようなもので、いろいろな分野に応用できるのが魅力だと語る清水目様。大きな可能性を秘めたAIの魅力をより多くの人に知ってもらいたいと、今後の意気込みを語ります。

「AIには興味があるけれど、いったい何に使えばいいのかわからないというお客様が非常に多い。ですから、私たちが「こんな使い方ができますよ」と一つひとつご提案し、ビジネスを開拓していくことが大事だと考えています」

そのためにも、技術職・営業職を問わず、AIがわかる人材を育てていきたいとUKCホールディングス様は考えています。AIのニーズをいち早く察知し、スピーディな取り組みでお客様からの信頼を勝ち得たUKCホールディングス様。今後どのような事業展開をされていくのか、とても楽しみです。

戻る

製品について知りたい方

講座資料ダウンロード

更に詳しい事例を知りたい方

お問い合わせ
Copyright © STANDARD Inc. All Rights Reserved.